お電話でのお問合せはこちらまで

047-396-0805

千葉県市川市湊新田2-3-6 行徳駅から徒歩7分  MAP

ログ

Staff's Weblog

行徳どうぶつ病院のスタッフによるブログです。みんな動物が大好きで言葉を話せない動物達の立場に立って診療をしています。大切なペット達に負担をかけないように診療を心掛けています。これからも病気で苦しんでいる子たちのお役に立つことで、恩返しをしていければと日々知識や技術研鑽をしております。

フィラリア予防について

2021年4月20日

4月に入って温かくなり、ノミ・ダニ対策にも気をつけたい季節がやってきました。

気温があがると蚊を見かけることも増えると思いますが、この蚊が媒介する有名なものに「フィラリア」があります。

フィラリアは素麺に似た寄生虫で、成虫になると体長15センチから30センチほどとなります。

フィラリアに感染した動物に蚊が吸血すると、蚊の体内にフィラリアの幼虫が入ります。

この蚊がほかの動物に吸血することで、フィラリアの幼虫が体内に入り感染します。

幼虫が成虫になるのは約1年から2年で、心臓に寄生し、肝臓や腎臓などの臓器を壊していきます。

成虫を駆虫するのはとても困難ですので、普段から感染しないための予防が大切です。

 

月に一度使用するだけで予防ができ、基本的には年中予防を推奨としています。

(寒い季節だと蚊がいないので予防薬を使用しない場合もあります)

 

予防薬を使用しない期間が長かった場合(三ヶ月程度~)は、再使用する前に血液検査をし、フィラリアに寄生されていないかのチェックが必要です。

 

予防薬の種類は多岐にわたり、

当院では

・錠剤タイプ

・背中に垂らして使うタイプ

・ブロック状の牛肉風味のおやつタイプ

を用意しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのタイプの予防薬を使えばよいかのご相談も、お気軽にスタッフにお声掛けください。